「日本ぐらし館」設立の目的と活動
 日本ぐらし株式会社が主催する「日本ぐらし館」は、日本の伝統と京町家の居住性、そこで
育まれた暮らしの文化を現代の「住宅」へ継承フィードバックしていく為の産学連合の建築
・文化研究をおこなうことを目的に祇園新橋「望月」に設立されました。
 「日本ぐらし館」の活動のひとつである「木の文化研究会」では、燗c光雄教授(京都大
学大学院)を委員長とし、京都の建築関係専門家が集い、豊かな居住文化を伝える伝統的な
木造住宅に学び、その知恵を広く現代の住まいづくりに活かし、新たな日本の住宅のスタン
ダードを確立するための研究をおこなってまいります。

 
トップページへ戻る